본문
홈으로첫번째 분류

  • 인쇄

등록문화재 제585호

서울 기상관측소
해당 문화재의 정보입니다. 분류, 수량/면적, 지정(등록)일, 소재지, 시대, 소유자(소유단체), 관리자(관리단체)로 구분되어 있습니다.
분 류 등록문화재 / 기타 / 업무시설
수량/면적 본관, 우량계실, 계절관측목식재지
지정(등록)일 2014.02.27
소 재 지 서울특별시 종로구 송월동 1-1
시 대
소유자(소유단체) 기상청
관리자(관리단체)  

기상관측소 본관은 원통형 매스를 중심으로 주변에 단순 입방체가 결합되어 전체적으로 기하학적, 추상적 형태와 공간을 강조하였고, 원통형 옥탑 구조물, 곡면의 현관과 캐노피, 상층부 돌림띠의 요철장식 등 근대 모더니즘 건축 기법을 나타내고 있다.

“노장(露場)”이라 불리는 우량계측실과 계절적인 변화를 관측하기 위해 식재된 단풍나무, 벚나무 등 기상관측을 위한 부속시설도 잘 남아 있다.

경기도립경성측우소 청사로 건립된 후 현재까지 기상관측용도로 사용되고 있는 등 우리나라 기상관측의 역사를 증명하는 장소로 가치가 있다.

Built as the Gyeongseong (present-day Seoul) Weather Station, which was established as a provincial institution of Gyeonggi-do in 1933, this building has served its original purpose to the present day, and is now regarded as an important historical heritage in the history of Korean meteorological observation.

気象観測所本館は、円筒形MASSが中心となっており、周辺に単純立方体が結合し、全体的に幾何学的・抽象的形と空間が強調されている。円筒形屋上構造物、曲面の玄関とカノピー、上層部のコーニスにおける凸凹の装飾など、モダニズムの建築様式となっている。 「露場」と呼ばれる雨量計測室と季節の変化を観測するために植えられた楓の木、桜の木などの保存状態も良好である。 京畿道立京城雨量観測所庁舎として建設され、現在も気象観測用として使われるなど、韓国の気象観測の歴史を物語る場所という価値を有する。 本館は赤レンガの建物であり、対称の立面、マンサード屋根、突き出た三面の玄関アーチ、煙突の上部の石造装飾など、近代における教育施設の特徴が如実に表れている。 青松館は、急傾斜の屋根の付いた講堂であり、アーチ型の正面の入り口と周辺の石材装飾を除くと、全体的に非常にシンプルな形である。本館前面には、開校の時に植栽された背の低い松の木々が、学校の歴史を物語っている。 京畿道最初の道立学校である京畿道立甲種商業学校の校舎であり、当時、試験的に行われた韓国人と 日本人の共学中学校である。韓国人と日本人の生徒が共に学び、競争していた歴史的場所である。

気象観測所本館は、円筒形MASSが中心となっており、周辺に単純立方体が結合し、全体的に幾何学的・抽象的形と空間が強調されている。円筒形屋上構造物、曲面の玄関とカノピー、上層部のコーニスにおける凸凹の装飾など、モダニズムの建築様式となっている。 「露場」と呼ばれる雨量計測室と季節の変化を観測するために植えられた楓の木、桜の木などの保存状態も良好である。 京畿道立京城雨量観測所庁舎として建設され、現在も気象観測用として使われるなど、韓国の気象観測の歴史を物語る場所という価値を有する。 本館は赤レンガの建物であり、対称の立面、マンサード屋根、突き出た三面の玄関アーチ、煙突の上部の石造装飾など、近代における教育施設の特徴が如実に表れている。 青松館は、急傾斜の屋根の付いた講堂であり、アーチ型の正面の入り口と周辺の石材装飾を除くと、全体的に非常にシンプルな形である。本館前面には、開校の時に植栽された背の低い松の木々が、学校の歴史を物語っている。 京畿道最初の道立学校である京畿道立甲種商業学校の校舎であり、当時、試験的に行われた韓国人と 日本人の共学中学校である。韓国人と日本人の生徒が共に学び、競争していた歴史的場所である。

기상관측소 본관은 원통형 매스를 중심으로 주변에 단순 입방체가 결합되어 전체적으로 기하학적, 추상적 형태와 공간을 강조하였고, 원통형 옥탑 구조물, 곡면의 현관과 캐노피, 상층부 돌림띠의 요철장식 등 근대 모더니즘 건축 기법을 나타내고 있다.

“노장(露場)”이라 불리는 우량계측실과 계절적인 변화를 관측하기 위해 식재된 단풍나무, 벚나무 등 기상관측을 위한 부속시설도 잘 남아 있다.

경기도립경성측우소 청사로 건립된 후 현재까지 기상관측용도로 사용되고 있는 등 우리나라 기상관측의 역사를 증명하는 장소로 가치가 있다.

내레이션

  • 한국어
  • 영어
  • 중국어
  • 일본어